これで効率アップ!知って得する毛周期と脱毛の関係

これで効率アップ!知って得する毛周期と脱毛の関係

はじめに

脱毛サロンやクリニックに通っている方は、2カ月や3カ月おきに施術している方がほとんどかと思います。
「もっと頻繁に施術してもらって、はやく終わらせたいのに・・・」と思ったことのある方も多いのではないでしょうか?しかし、それには「毛周期」が深く関係しています。

これを無視して施術をしても、効率が下がるばかりか費用も多くかかってしまうかも?

ここでは、その毛周期について詳しくご説明していきます。

毛周期って?

毛周期って?

全身に生えているあらゆる毛には、「毛周期」と呼ばれる毛の生え変わりの周期があります。
毛周期は三つのサイクルを繰り返していて、

成長期・・・毛根から毛が生まれて成長していく時期
退行期・・・毛が成長を終えて抜けていく時期
休止期・・・次に新しい毛を生み出すための準備期間

 

があり、光脱毛やレーザー脱毛はこの「成長期」の毛にアプローチします。
頻繁に施術を受けることができないのは、この成長期の毛にしか脱毛効果が出ないためなのです。

たとえ頻繁に施術をしても、効果を実感できないばかりかプランの施術回数だけが減り、トータルで余計に費用がかかってしまうなんてことも。
賢く脱毛をするには、この毛周期を理解することが効率アップにつながります。

部位ごとの毛周期

では、効率的に脱毛をしていくにはどのタイミングか?というと、成長期の毛が生えている期間を狙うのがポイントです。

毛は、それぞれの部位で毛周期がことなります。
主な脱毛部位ごとに成長期・休止期を見ていきましょう。

部位

成長期

休止期

約2週間~1カ月

約2週間~1カ月

約3~4カ月

約3~4カ月

膝下

約4~5カ月

約4~5カ月

ワキ

約3~5カ月

約3~5カ月

VIO

約1~2年

約1~1年半

この表を見ると休止期の間大きく間隔を開けないといけないように思えますが、個人差もありますので一概には言えません。
おおよその期間として参考にして、実際の施術の際はサロンやクリニックと相談してみてください。

また、脱毛は通っているうちにだんだん生えてくるペースも遅くなるので、長期間通っていてもうほとんど生えてこないという方は、元気を取り戻した毛が生えてきたタイミングで予約するのもいいですね。

全身脱毛や複数の部位を同時に通っている方は、一番毛周期の間隔が長い部位に合わせて通ってみてはいかがでしょうか。

効率的な脱毛に通うペースは?

効率的な脱毛に通うペースは?

効果がでる年数

目前に控えているイベントのために、「少しでも早く終わらせたい!」とはやる気持ちもありますが、前述したとおりただやみくもに通ったところで効果が早まる、ということはありません。
特に脱毛サロンでの光脱毛は、医療レーザー脱毛に比べて出力が弱いため、定期的な施術が必要になります。

脱毛を始めてから自己処理の必要がなくなるくらいまでの期間は、10~12回程度の施術が必要と言われています。
サロンによって推奨しているペースは違いますが、2~3カ月程度の間隔をあけるところが多いので、期間にして約2~3年の長期戦ということになりますね。

だからこそ、脱毛に興味が出た時には早めに通い始めるのがオススメ。
完了するのが早ければ早いほど、残りの人生は自己処理不要の快適な毎日が待っています!

はじめる時期

これから脱毛を始める方も、毛周期を考慮した上で施術のタイミングを決めましょう。

例えば、「8月に海に行く予定がある」、「10月に結婚式がある」というようにスケジュールがはっきりしている方は、その予定の1~2カ月前に施術するのがオススメです。

おわりに

脱毛と毛周期の関係についてご紹介いたしました。 これまで、2.3カ月の間隔を空けなければいけないことに疑問だった方も、脱毛に毛周期が深く関係していることをおわかりいただけたでしょうか?

脱毛は一度や二度の施術ではなく、何年もかけて仕上げていくかたちになります。
きれいになるためにはそれだけの手間と労力が必要ということですね。
焦る気持ちもありますが、毛周期を知り効率的につるすべの肌を目指しましょう。

毛周期に合わせて通う、脱毛サロン人気ランキングはこちら

 

TOP