医療脱毛と光脱毛、どっちの方が痛いの?

通う期間が違う!?医療脱毛と光脱毛の脱毛完了まで

脱毛は毛根にダメージを与え、脱毛を促しているため多少の痛みを伴います。そのため施術料金やサービスだけでなく、痛みが少ないことをアピールしている医療脱毛や光脱毛も少なくありません。

実際に医療脱毛と光脱毛では、どちらの方が痛みが強いのでしょうか?ここでは、医療脱毛と光脱毛による施術の痛みについて説明します。

どっちのほうが痛い?痛い理由とは

結論から言うと、脱毛サロンよりも医療脱毛のほうが痛いです。痛みのレベルは脱毛レーザーの照射力と関係しています。医療脱毛の場合、医師が脱毛の施術を行ってくれるため、レーザーの照射力が高く設定されています。

照射力が高いほど脱毛効果も高く、毛根にダメージを与えるため痛みが強いのです。脱毛サロンは、使用できる照射力が決められており、その数値は医療脱毛より低いため、医療脱毛に比べて痛みが少なく済みます。しかしその分、脱毛の効果も医療脱毛に比べて低いです。

部位によって痛みが違う!特に痛い部位はどこ?

部位によって痛みが違う!特に痛い部位はどこ?

毛が濃く、密集度の高い部位ほど刺激を強く感じます。毛が濃く、密集度の高い部位とは主にワキやVIOです。しかし痛いといっても、よく表現されるのはゴムではじかれたような痛みで、我慢できないほどの痛みではありません。また痛すぎる場合は、脱毛レーザーの照射力を下げて、痛みを少なくしてくれるため気になる人はスタッフに相談するといいかもしれません。

こんな通い方もできる!うまく両方を利用しよう

医療脱毛と脱毛サロンは併用して通うことができます。ワキやVIOなどの痛みの強い部位は脱毛サロンで脱毛し、痛みの少ない部位は医療脱毛で脱毛するという方法が可能なのです。

しかし先ほども説明したように、脱毛レーザーの照射力が高いほど脱毛の効果も高いのです。そのため医療脱毛よりも脱毛サロンのほうが、脱毛の効果が少ないため、しっかり脱毛の効果を実感したいという方は、医療脱毛のみ通った方がいいといえます。

医療脱毛なら、痛みを軽減する麻酔がある!

部位によって痛みが違う!特に痛い部位はどこ?

どうしても痛みに耐えられないという人のために、麻酔をしてから脱毛の施術を行うことがあります。麻酔といっても注射や点滴をするわけではなく、クリームを塗ったりガスを吸ったりする麻酔を使用しています。

麻酔をしたからといって100%痛みがなくなるわけではありませんが、かなり痛みが軽減されるということは事実です。どうしても痛みに耐えられないという方は、麻酔を使用して施術を受けてもいいかもしれません。主に脱毛時に使用する麻酔は、麻酔クリームと笑気麻酔の二つです。この二つについて詳しく説明します。

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗布して30分程度で、塗布した部分の感覚を鈍くさせます。麻酔が聞いている時は、痛みが少なくなりますが、麻酔が切れた時にしびれたような感覚が、5時間ほど続くことがあります。

笑気麻酔

笑気ガスを吸入する方法で、吸入をやめるとすぐに麻酔がさめます。笑気ガスの吸引の濃度を、医師が患者に合わせて自由に設定できるため、麻酔による危険性や副作用が少ないです。麻酔をしても、痛みが全くなくなるというわけではないということを理解しておきましょう。

しかし痛みがかなり軽減することは事実です。そのためどうしても痛みが我慢できないという方は、麻酔を使用して施術を受けるといいかもしれません。また麻酔の料金は部位によって異なりますが、1部位2000~3000円ほどかかります。

おわりに

脱毛レーザーの照射力が高いほど、脱毛時の痛みが強いです。そのため脱毛サロンよりも医療脱毛の方が、痛みが強いと言われています。しかし脱毛時の痛みは脱毛の効果と比例しており、照射力が高いほど脱毛の効果を得ることができるのです。

医療脱毛には、痛みを抑えるための麻酔が用意されているため、どうしても痛みに耐えられないという方は、麻酔を使用して脱毛の施術を受けるといいかもしれません。

人気の脱毛サロンランキングはこちら>>

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP