S.S.C?IPL?VIO脱毛に向いているのはどっち?

S.S.C?IPL?VIO脱毛に向いているのはどっち?

はじめに

さまざまな脱毛サロンでキャンペーンや特別プランが組まれるほど、今や脱毛して当たり前の部位になっているVIO脱毛。
「まだはじめていないけど、実はとても気になっている・・・」という方もいらっしゃるかと思います。

とは言え、やっぱりデリケートな部分をスタッフの方に見せるのは誰でも恥ずかしいもの。
できれば少しでも早く、効果を実感して完了させたいですよね。

脱毛サロンで行う光脱毛の中には、いろいろな種類があり、それぞれ特徴や違いがあります。
ここでは、光脱毛の中でも一般的に使われていることの多い「S.S.C脱毛」と「IPL脱毛」の違いや特徴を説明しつつ、どちらがよりVIO脱毛に向いているのかをご紹介いたします。

S.S.CとIPLはどちらも光脱毛

S.S.CとIPLはどちらも光脱毛

そもそも光脱毛とは、特殊な光をメラニンに照射して、毛母細胞にダメージを与えることによって毛を弱らせていくというもの。
医療脱毛で使う脱毛器との違いは、使っている光がレーザーかフラッシュなのかということです。

フラッシュ脱毛や美容脱毛などと呼ばれることもありますが、すべて同じ光脱毛のこと。
そして、「S.S.C脱毛」と「IPL脱毛」に関しても、光脱毛であるということに違いはありません。

では、次にS.S.C脱毛とIPL脱毛についてご説明いたします。

S.S.C脱毛とIPL脱毛の違い

S.S.C脱毛とIPL脱毛の違い

S.S.C脱毛とは

S.S.C脱毛とは、「スムーススキンコントロールメソッド」という、イタリアで開発された美肌効果を期待できると言われている施術方法です。

施術部位に毛の成長を抑制する作用のあるジェルを塗り、そこにクリプトンライトというライトを照射します。
この光とジェルとの相乗効果で抑毛するのが、S.S.C脱毛の特徴です。

このジェルには、トレジャービーンズというカプセルが入っていて、光が作用するとカプセルが破け、中の美容有効成分が毛穴に浸透していきます。

クリプトンライトはIPL脱毛で使う「キセノンランプ」よりも肌にやさしいため、痛みがより少ないそうです。

また、光脱毛はメラニンの薄い産毛への効果が弱いのですが、S.S.C脱毛はジェルの効果もあるぶん、産毛に効きやすいと言われています。

IPL脱毛とは

IPL脱毛は「インテンス・パルス・ライト」という特殊な光を使用する脱毛方法。
黒色のメラニン色素に反応する性質のあるこのライトで、毛根にダメージを与え弱らせていきます。毛の成長を抑えるS.S.C脱毛とは違い、IPL脱毛は毛の組織を破壊するというのが特徴です。

医療レーザー脱毛で使われていている機器には、IPL脱毛の光の出力を強くしたものを使用している場合もあります。

シミやそばかすの治療にも使われることのあるライトなので、美白・美肌効果も期待されているようです。

VIO脱毛におすすめなのは?

VIO脱毛におすすめなのは?

色素に反応して毛根にダメージを与えるIPL脱毛だと、毛が太く濃いVIOはより強く効果を与えることができるため、効率よく脱毛できると言えるでしょう。

ただし、粘膜付近のデリケートな部分なので、刺激を強く感じたり、赤みが出たりする原因にもなってしまいます。

一方、S.S.C脱毛はジェルを塗った部分に反応するしくみなので毛の濃さなどは関係なく脱毛効果を感じることができます。

IPL脱毛よりは効果が落ちるかもしれませんが、お肌のことを優先的に考えるのであればS.S.C脱毛を、効果重視で考えるのであればIPL脱毛をおすすめいたします。

ではここで、当サイトでおすすめの脱毛サロンがどちらの脱毛方法を採用しているかをまとめましたので、サロン選びの際に参考にしてみてください。

サロン名

脱毛方法

KIREIMO(キレイモ)

IPL脱毛

ミュゼ

S.S.C脱毛

エピレ

IPL脱毛

C3(シースリー)

IPL脱毛

脱毛ラボ

S.S.C脱毛

おわりに

S.S.C脱毛とIPL脱毛の違いや特徴をご紹介いたしました。
サロン選びの時にあまり脱毛方法を考えたことのなかった方も多いかと思いますが、VIO脱毛をしようと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

VIO脱毛の口コミ人気ランキングはこちら

 

TOP