短期間で脱毛完了!医療レーザー脱毛の効果とメリット・デメリット

M0003-009_1

医療機関でのみ施術することができる医療レーザー脱毛機器は、脱毛サロンで使用している機器に比べ出力の高さに優れています。そのため効果も高くなりますが、気をつけなければならない点もいくつかあります。

ここでは、医療レーザー脱毛の特徴を詳しくお伝えします。

医療レーザー脱毛のメリット

①毛をつくりだす細胞を破壊するパワーが強い

医療レーザー脱毛が「長続きする脱毛」といわれるのは、毛母細胞を破壊するためです。毛の根もとにある毛母細胞が分裂を繰り返すことにより毛がつくられているため、この細胞が機能しなくなれば新しい毛が生えてくることはありません。

毛母細胞の間には黒い色をしたメラニン色素が存在しており、医療レーザー脱毛ではこのメラニンの黒色に吸収されやすい波長の光を照射します。すると、メラニンにため込まれる熱のエネルギーで周囲の毛母細胞などの組織だけを破壊することができるのです。医療レーザー脱毛の大きな特徴は、このパワーの高さです。

そのため、医療レーザー脱毛に使用する機器は医師免許を所持していなければ扱うことができません

②美肌効果を期待できるうえに痛みも少ない

肌の内側では、コラーゲンやエラスチンといった成分が肌のハリや弾力を保つ役割を担っています。これらの成分は年齢の増加とともに減少してしまいます。レーザーには、このコラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞を活性化させる働きもあるのです。 また、メラニンに反応するため、シミやそばかす、くすみといった肌トラブルの改善も期待できます。このように、医療レーザー脱毛をしながら肌を内側から整えられる利点もあるのです。 とはいえ、脱毛時の痛みが気になる方も多いでしょう。個人差はありますが、医療レーザー脱毛の場合、輪ゴムでパチンとはじかれたような痛みであると感じる方がほとんどです。機種によっては、冷却ガスなどを利用して皮膚へのダメージや痛みを抑えるタイプもあります。

医療レーザー脱毛のデメリット

①やけどのリスクはゼロではない

皮膚の中にある細胞を破壊するためには、それなりの熱が必要となります。医療レーザーはその出力の高いレーザーを肌にあてて熱を加える処理を行うために、やけどのリスクはゼロではありません。

そのため、ダメージを与えたい箇所にだけ熱を与えられるようにパワーの調節が必要となります。しかしながら、肌や毛の状態には個人差もあるためリスクはどうしても避けられません。

医療レーザー脱毛を行う際には、腕の確かな医師が在籍しているクリニックや、脱毛後の冷却や炎症のケアといったアフターフォローがしっかりとしたクリニックなどを選ぶようにしましょう。

②医療レーザー脱毛に不向きな肌と毛質がある

また、黒い色に反応するレーザーが不利になる場合もあります。

まず、日焼けをしている肌はメラニン色素が豊富であるためにレーザー脱毛を受けられないこともあります。どの程度の日焼けであれば問題ないのか医師に事前に確認をすると良いでしょう。

それから、シミやニキビ跡、ほくろのある場所、色素沈着が濃いバストトップやデリケートゾーンもレーザーを照射することができないことがあります。

毛についても同様に、向き不向きがあります。レーザー脱毛は黒くて太い毛ほど効果が高まりますが、産毛のように色素が少なく細い毛では毛母細胞を破壊するほどの十分な熱をため込むことができない場合があります。

つまり、レーザーを照射した範囲全ての毛に対して有効ではないということです。毛の成長状態やレーザー出力の関係などにより、破壊しきれない細胞組織も残ります。

そのため、毛の成長サイクルに合わせて2カ月ごとに数回繰り返すなど複数回の照射を受ける必要があります。

おわりに

このように、医療レーザー脱毛も決して万能ではありません。医療レーザーの特徴をよく理解したうえで、ご自分の肌や毛質が適しているかどうかをじっくりと検討することをおすすめします。

脱毛クリニックの口コミ人気ランキングはこちら

 

TOP