美肌効果もゲット!脱毛サロンのシェービング(毛ぞり)とは

M0003-024_1

自分で脱毛を行う人や、サロンで脱毛を行う人など…。人によって、脱毛の方法はさまざまです。 もちろん、自宅やエステで脱毛を行う例だけをとってみても、利用できる脱毛方法は数多く存在しています。多くある脱毛方法の中からどれを利用するべきなのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 ここでは、脱毛の方法の一つであるシェービングにスポットライトを当てます。よく利用されるシェービングには、どんなメリットがあるのでしょうか。

自己処理と脱毛サロンのシェービングの違い

まずはシェービングの方法について紹介していきます。

シェービングは自宅でも行える脱毛の方法で、自分でカミソリを利用して行っている人も多いでしょう。

自宅用のカミソリは何枚かの刃から作られている安全刃タイプのものが多いです。自分でそる場合どうしてもそりにくい場所もあり、傷つけてしまわないようにこういったタイプのものを利用するのが一般的でしょう。

このタイプのカミソリの安全性は高いものの、しっかりとそれない可能性あります。そのため、よりきれいに処理をしたいならば一枚刃のもの(理容室で使われるようなものです)を選ぶ必要があるのですが、これは自分で利用するのには傷を付けてしまうリスクが高くなります

そういった時にはエステでシェービングを行ってもらうのが良いでしょう。エステで行う場合は専門の人が行ってくれるというだけではなく、専用のシェービングクリームを利用していることもあり、肌を傷つけてしまうというリスクは低くなります。

脱毛サロンでシェービングしてもらうメリット

では、シェービング脱毛が他の脱毛方法に比べて優れている点はどこにあるのでしょうか。

実はシェービングには肌をきれいにする効果があります。

シェービングはムダ毛だけではなく、古くなった角質なども同時にそぎ落とすことができるためです。肌が汚れて見えてしまうのは表面に古い角質が残っていることが原因であるため、これがそぎ落とされると白く透明感のある肌を取り戻すことが可能になります。

また、表面の組織が新しくなるために化粧のノリも良くなると言われています。顔の産毛処理などにもシェービングを利用してみると良いでしょう。

光脱毛ではネックとなる産毛の処理を行うことができるのもポイントの一つです。

光脱毛は毛のメラニン色素に反応して脱毛を行うため、黒くない毛については処理を行うことができません。シェービングならば関係なく処理が行えます。

さらに、光脱毛が複数回脱毛を行わなければ完璧な状態にならないのに対して、シェービングは1回だけで一時的であるものの完璧な状態にすることができます。このことからウェディングエステなどでよく採用されています。

脱毛サロンでシェービングしてもらうデメリット

では、逆にシェービング脱毛にはデメリットはないのでしょうか。

自分で行うシェービング脱毛に関しては、カミソリ負けを起こしてしまったり、手が滑って傷が付いてしまったりするというデメリットがあります。

これだけなら比較的すぐに治るのですが、アフターケアが十分でないと化膿(かのう)してしまって跡が残ってしまうこともあります。

この点についてはプロの行う処置ならばほとんど心配はいりません。肌が弱くカミソリ負けを起こしやすいという人でも、処置をした後の保湿さえしっかりしていれば問題が残ることは少ないため、リスクと言えるリスクはあまりないと言えます。

唯一リスクがあるとするならば、実力の低いエステを選んでしまうことぐらいです。

おわりに

シェービングには長期間の脱毛効果はないものの、一時的な脱毛効果に関しては光脱毛やレーザー脱毛に比べても高い効果を持っています。

利用するタイミングや予定に合わせて処置の方法を変えてみるといいかもしれません。

脱毛サロンの口コミ人気ランキングはこちら

 

TOP