背中・うなじのお手入れはどうする?手が届かない部位のセルフ脱毛方法

背中・うなじのお手入れはどうする?手が届かない部位のセルフ脱毛方法

はじめに

背中とうなじは意外と産毛が目立つ部位なので、周りの目が気になりますよね。しかし自分からは見えないのでお手入れが大変。今回はそんなお手入れの難しい背中とうなじのセルフ脱毛方法についてご紹介します。

背中とうなじのセルフ脱毛方法4選!

背中とうなじのセルフ脱毛方法4選!

今回は背中とうなじを自分で処理する四つの方法について詳しく解説していきます。

1.カミソリ

  • ◎手軽にセルフケアできる
  • ◎深ぞりができるため表面上キレイに見える
  • ×肌への負担が大きすぎる
  • ×すぐに毛が生えてくる
  • ×自分では見えないのでそり残しが発生する

 

カミソリならリーズナブルに自己処理をすることができます。しかし、正直オススメすることはできません。なぜなら肌への負担が大きく、リスクがありすぎるからです。

確かにカミソリだと深ぞりできるので、そった部分はキレイに見えます。ただ、実際にはムダ毛と一緒に角質まで削っており、細かい傷ができているのです。カミソリ負けで赤みやかゆみが出たり、乾燥により肌荒れを起こしたり、最悪は埋没毛になってしまうことも。

しかも毛根が残っているので2、3日程度で毛が生えてきてしまいます。そのため頻繁に処理をしなくてはならず、その度に肌を傷つけることになります。

自分だけで行う場合は手探り状態ですから、そり残してしまうことも多いでしょう。これでは自信をもって背中をみせることができません。

2.電気シェーバー

  • ◎カミソリよりも肌に優しく安全
  • ◎ある程度はキレイにそることができる
  • ×完ペキに処理することは難しい

 

電気シェーバーは肌への負担が少ないのでオススメです。カミソリと違って肌表面に傷がつくこともありません。できるだけ肌に優しく処理をしたい場合には、電気シェーバーを使うといいでしょう。

ただし、深ぞりはできませんし、数日たつとムダ毛はまた生えてきます。そのため定期的にそらなくてはいけません。さらに自分でやるとそり残すことがあり、できるだけキレイに仕上げるには友達や恋人などにお願いする必要があります。

3.除毛クリーム

  • ◎お手入れが楽
  • ◎使った後は肌がツルツルになる
  • ×広範囲に使うためお金がかかる
  • ×肌への刺激が強すぎる

 

除毛クリームは市販でも売っており、比較的手入れが楽な方法です。塗って流すだけでキレイになるため、塗り残しさえしなければ肌はツルツルになります。

ただし肌への刺激が強いので注意しましょう。除毛クリームは毛を溶かす薬剤が入っているので、肌への負担も高くなります。ピリピリした痛みや肌の赤みなどのトラブルが起こることも。できるだけ敏感肌の人は使用を避け、使う前にはパッチテストを必ず行うようにするといいですね。

また除毛クリームでのお手入れだと、広範囲に使用するためお金がかかってしまうのがネックです。コスパの面ではオススメできません。

4.除毛(脱毛)タオル

  • ◎手軽に使えて手間がない
  • ◎一人でもお手入れが可能
  • ×効果がなかなか出ない
  • ×毛が濃い人には向かない
  • ×強くこすると色素沈着の原因にも

 

除毛タオルは産毛を繊維に絡めてキレイにするグッズです。普段使っているボディータオルと同じように使うことができるので手間がありません。自分一人でお手入れすることもできます。

ただし値段によって効果に差が出ることがあり、効果も非常にゆっくりです。産毛には効果がありますが、ムダ毛が濃い人には向きません。長期間効果がない場合は別の方法を試すことをオススメします。

また、あまりに強くこすると、色素沈着などのリスクもあります。優しくなでるように気長にケアするようにしましょう。

セルフ脱毛をする時のポイント!

セルフ脱毛をする時のポイント!

自分で背中とうなじをお手入れするときには、以下の点をしっかり守って行うようにしましょう。

できれば誰かに手伝ってもらうこと!

お手入れグッズを使っても、やはり背中は自分でやるのが難しい部位です。そり残してしまうこともありますし、カミソリでは誤って肌を切ってしまうことも考えられます。できるなら友達や家族、恋人など、誰かに手伝ってもらうことをオススメします。

もし難しいようであれば、明るくところで鏡を見てしっかり処理をするようにしてください。何も見ないでやろうとすると、肌の状態がわからないまま行うことになるので大変危険です。肌はデリケートですから丁寧に扱いましょう。

保湿はしっかり行うこと!

自己処理は肌への普段が特に強いため、保湿を徹底するようにしましょう。ケアを怠ると肌荒れやニキビ、赤み、かゆみなどの肌トラブルが発生します。低刺激の化粧水やボディーミルクなどをたっぷり塗って保湿するようにしてくださいね。

一度お手入れしたら期間をあけること!

キレイにしたくて短期間に何度も試す人もいますが、負担があまりにも強いのでやめましょう。肌に強い刺激がかかり、色素沈着する恐れがあります。最低でも1週間は置くことをオススメします。

プロに任せると手間もなくツルスベに!

セルフ脱毛は手間も時間もかかります。背中やうなじは、脱毛サロンでプロに任せてキレイした方が仕上がりが断然キレイですよ。

自己処理より手間なく&安く済む可能性がある

セルフ脱毛の場合、処理をしても何度でも産毛が生えてきてしまいます。そのため、生えてくる度に自分で処理をし続けなくてはいけません。

しかし脱毛サロンやクリニックであれば、1~2年通うだけでムダな手間から解放されます。

全身脱毛にすればほかの部位をお手入れすることも不要に。今後数十年の手間と時間を買ったと思えば安いものではないでしょうか。

そり残しが気にならない

プロに肌の状態を確認してもらいながら隅々まで脱毛してもらえるので、そり残しの心配がありません。

自己処理の場合はどうしても背中を見せるのをちゅうちょしがち。しかしお店で脱毛すれば自信をもって背中のあいた服を着ることができます。もちろん産毛だけではなく剛毛な人でも効果があります。

おわりに

いかがでしたか?セルフ脱毛でもお手入れはできますが、オススメは全身脱毛での脱毛ケアです。肌の負担を最小限に抑えてキレイな背中を維持することができます。

脱毛サロンやクリニックの多くはお財布事情に合わせて支払い方法も選択できますから、まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

おすすめの全身脱毛サロンランキングはこちら>>

TOP