意外と手元も見られてる?気を抜けない手の甲・指の脱毛

M0003-016_1

露出しない部分の無駄毛処理を怠る女性も多くいると思われますが、手や指などといった一年中見られてしまう部位の場合、そうはいきません。

書類を手渡す時や、電話の受話器を持っている時など、手や指が気になってしまうタイミングは少ないはずです。

そこで今回は、手や指の無駄毛処理の方法について紹介していきます。

手の甲や指は常に人目にさらされている

他の部位と比べて指や甲の毛は薄い傾向がありますが、だからと言って安心することはできません。

蛍光灯などの光が当たると産毛であっても目視することは難しくありませんし、名刺交換や握手など、自分の指や甲に相手の目が向かうタイミングは数多くあるためです。

また、男性の中にも指や甲の無駄毛に悩んでいる方は多くいます。仕事をする際に引っ掛かって邪魔になることがありますし、あまりにも濃いと清潔さが失われてしまう可能性もあるためです。あるアンケートでは男性に無駄毛処理をしてほしい部位として、指や甲をあげる女性が20%以上いたという結果も出ています。

ムダ毛を自分で処理するメリット・デメリット

まず、自分で処理する方法としては、毛抜きやT字カミソリなどを使用する方法が挙げられます。

手や指に生えている毛が数本程度であれば毛抜きで十分ですし、広範囲に生えていてもT字カミソリを使用すれば処理することができます。

そして、自分で処理をするメリットは、手軽に処理をすることができるという点です。

脱毛するための道具さえそろえておけば、自宅でも無駄毛処理をすることが可能です。処理する範囲が狭いため、家事の合間など少しあいた時間を活用し、処理を短時間で終わらせることもできます。

デメリットは、安全性の面では高いとは言えないということです。毛抜きで無駄毛処理をすると肌荒れの原因となる「埋没毛」が生じやすくなってしまいますし、指や甲は範囲が狭いため、T字カミソリでは肌を傷つけてしまう可能性が他の部位より高いと言えるでしょう。

脱毛サロンで処理するメリット・デメリット

元々薄い傾向がある手や指の毛であっても、脱毛サロンで施術を受ければ毛は次第に薄くなっていきます。中には3~4回の施術でほとんど処理の必要が無くなった方もいます。

ただし、中には「期待していた効果が得られなかった」という声も聞かれます。施術後の経過には個人差があり、必ずしも処理が不必要になるというわけではありません。

「毛穴が目立ちにくくなる」という点も、脱毛サロンで脱毛するメリットと言えるでしょう。

特に毛抜きで自己処理をしている場合には、元々薄い毛であることから上手に抜くことが難しくなります。毛穴にダメージを与えてしまったり、途中で毛がちぎれたりすることによって、毛穴が開いてしまう恐れがあるのです。

一方脱毛サロンでは、1本1本しっかりと毛根から処理することができます。施術後にアフターケアを行ってくれる脱毛サロンも多いため、自分で処理をするよりも毛穴や肌へのダメージを抑えることができるでしょう。

デメリットとしては、通うための手間が必要になるという点を挙げることができます。

「予約をして、足を運ぶ」、基本的なことですが、これらを怠ってしまうといつまでたっても脱毛は完了しないのです。

また、脱毛サロンで手や指の脱毛をする場合、その料金の相場は「約2000~3000円」です。

腕や足の脱毛に比べると費用は安く施術時間も短いため、他の部位の脱毛に比べるとお手軽に通うことができます。

ただし、1度の施術で脱毛が完了するというわけではありません。ほとんどの場合、3~8回は施術を受けないと、脱毛効果を実感できないのです。

おわりに

ここまで、手や指の脱毛方法について紹介してきました。このように、自分で処理する方法と脱毛サロンを利用する方法には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

どちらが優れているというわけではないため、メリットとデメリットを見比べ、自分の希望に適した方を選ぶようにしましょう。

手の甲・指の脱毛ができる脱毛サロンランキングはこちら

 

TOP