女の子は顔が命!顔の産毛・ヒゲを脱毛して美肌をゲットしよう

M0003-014_1

顔全体の産毛や口元のヒゲ、みなさんはどう処理していますか?

顔はデリケートであるため、正しいムダ毛処理をしないと肌トラブルの原因となり得ます。 そこで今回は顔脱毛に注目し、役立つ情報を提供したいと思います。

顔のムダ毛を自己処理する方法、脱毛サロンを利用して顔脱毛する方法を紹介しましょう。

顔の産毛は自分でも処理できる?

顔の産毛を自己処理する場合、どのような方法があるのでしょうか?

【カミソリで剃る】

まず蒸しタオルなどで毛穴を開かせ、カミソリの刃に乳液をたっぷりとつけて少しずつ剃っていきます。

カミソリで顔を剃ると、産毛と一緒に角質も取れ、肌は無防備な状態になります。石けんを使って処理した場合肌に刺激を与えてしまいますが、乳液の場合は肌に優しいため安心して使えます。

剃る際は、毛の流れに沿うように刃をあてていくと、角質の取り過ぎを抑えられます。

ムダ毛処理が終了したら、洗顔をして、たっぷり保湿できるスキンケアグッズを使います。古い角質が除去された肌に刺激を与えないよう、強くこすったり、叩き込んだりしないように注意しましょう。

カミソリは安く購入できる上、刃には色々なタイプがあるため、簡単に使えるというメリットがあります。

ただし、毎日剃ってしまうと肌荒れやニキビなどの原因となる可能性があります。剃る頻度は口周りなら1週間に1回、顔全体は3週間に1回程度が目安です。

【抑毛ローションを塗る】

抑毛ローションは、顔のムダ毛を生えにくくする効果が期待できるため、塗り続けることで徐々に毛を薄くすることができます。

美肌成分が配合された商品など、女性に嬉しい特徴を持ったものもあります。抑毛ローションは肌への刺激が弱く、比較的お金もかからずムダ毛処理をすることができます。

即効性がないというデメリットはありますが、肌に優しくトラブルになりにくいというメリットは大きいです。

顔はデリケートな部位であるため、肌が薄い部分に毛抜きや除毛クリーム、ワックスなどの刺激が強いものを使うことは避けた方がよいでしょう。

顔の産毛を脱毛サロンで処理するメリット・デメリット

脱毛サロンで顔脱毛をするメリットは、プロが施術するためムラなく脱毛できるということです。

通い続ければ、長続きする脱毛に近い状態を目指せる点もメリットといえます。お試しキャンペーンや割引制度など、お得なサービスを利用できる利点もあります。

デメリットは、時間とお金に関するものです。長期的に何度も通うため、時間とお金の余裕がない人にとっては難しい方法かもしれません。

また、脱毛サロンによっては予約が取りにくい場合もあります。

脱毛サロンでの一般的な顔脱毛の流れ

まず、「クレンジングと洗顔」で顔の汚れを取り除き、脱毛しやすい状態にします。サロンに行く際は、つけまつ毛・マスカラなど落としにくいメイクは避けた方がよいでしょう。

次は「シェービング」です。自分で処理するケースもあれば、エステティシャンがしてくれるケースもあります。顔脱毛コースにシェービングが含まれていない場合、別途料金が発生することがあるため注意してください。

脱毛サロンでシェービングしてもらう場合は、生え際・眉の形などの剃る範囲を指定することになります。その後、「殺菌と消毒」をしていきます。強酸性水を含ませたコットンで優しくケアすることで、肌トラブルを防止する効果があり、毛穴に雑菌などが侵入することも防ぎます。

そして「顔脱毛」です。ほくろ・目などを保護したら、専用の脱毛機器で照射していきます。ジェルを使うお店もあれば、氷で冷やして照射するお店もあります。襟足・あごの裏など、まぶた以外の場所をすべて脱毛していきます。

脱毛後は肌が乾燥するため、潤いを与えるパックをしてもらいます。熱くなった肌が冷却され、毛穴がきちんと閉じます。

おわりに

顔のムダ毛を自己処理する方法、脱毛サロンを利用する方法、そしてメリット・デメリットを紹介しました。

それぞれの特徴を比べて、自分に合うムダ毛処理方法を見つけてください。

顔脱毛の口コミ人気ランキングはこちら

 

TOP