脱毛サロンは医師免許がなくても施術できるのはなぜ?

脱毛サロンは医師免許がなくても施術できるのはなぜ?

「脱毛サロンは免許がないスタッフが施術をしているから不安」という方も少なくはないと思います。 最近は電車のつり広告やテレビのCMでも多く見かける脱毛サロンでの施術は、本当に違法なのでしょうか。

今回は脱毛サロンの違法性の有無となぜ脱毛の施術ができるのかについて説明していきたいと思います。

基本的には脱毛サロンに違法性はない

基本的には脱毛サロンに違法性はない

結論から言うと、基本的には脱毛サロンの施術に違法性はありません。

では、なぜ脱毛サロンの施術が違法だという意見があるのかと言いますと、脱毛行為そのものは医師免許が必要な医療行為であることが関係していると思われます。

平成13年に厚生労働省から各都道府県衛生主管部長にあてて出された「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取り扱いについて」という通達では、以下の行為は医師免許を所有している方以外が行うと違法行為にあたると記されています。

 

“用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線またはその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為”

※厚生労働省医政局より引用

 

また、通達には、医師免許を所有していない方が上記の行為をした場合、逮捕も辞さないという旨も記されています。 このように、脱毛行為は本来医師が行うべきものであり、クリニックでしか受けることができない施術でもあるのです。

一方で、クリニックで脱毛する場合、医師ではなく看護師が脱毛の施術を行うというケースも珍しくはありません。

「医師が脱毛の施術をしないのならどちらにせよ違法行為なんじゃ・・・?」と思う方も多いかもしれませんが、実は看護師の中でも「正看護師」であれば、医師の指導のもと、脱毛を含む医療行為をすることは可能なのです。

ただし正看護師ではなく、准看護師が脱毛行為をした場合は違法となります。

違法?合法?脱毛施術のグレーゾーンとは

違法?合法?脱毛施術のグレーゾーンとは

上記で説明したように、脱毛行為は基本的には医療行為となるため、医師免許を所有している医師しか施術を行うことができません。

しかしご存じの方も多いと思いますが、一般的に脱毛サロンに医師は常在していません。

ではなぜ脱毛サロンでの施術は違法にならないのかと言いますと、これには施術の種類や強さが関係しています。

そもそもクリニックで行われているような医療脱毛とは違い、脱毛サロンの施術では永久脱毛は不可能だと言われています。

なぜなら、脱毛サロンでは理論的には「脱毛」の施術ではなく、一時的な効果が期待できる「減毛」「抑毛」「制毛」の施術を行っているからです。

実際にエステティックサロンでは、医師免許が必要な「毛乳頭を破壊する」という脱毛行為は行っていないため、違法にはならないという見解がなされています。

脱毛するのに必要な国家資格はない!?

脱毛するのに必要な国家資格はない!?

脱毛サロンに通うにあたって、「資格がないのに脱毛の施術をするのは危険なんじゃ・・・?」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに美容師になるには美容師免許が、学校の先生になるには教員免許という国家資格を取得する必要がありますが、実は脱毛の施術を行うにあたって必要な国家資格というものは存在しません。

しかし一方で、脱毛に関する民間資格はいくつか存在します。

1.電気脱毛士CPE:

CPEとは認定電気脱毛士(Certified Professional Electrologist) のこと。AEA(米国電気脱毛協会)が優秀な脱毛士として推奨している資格で、アメリカをはじめ世界各国で信頼性がある資格として認められている。

2.脱毛士認定資格:

日本医学脱毛会が認定している資格。レーザー脱毛士、認定脱毛士(針脱毛)、認定指導士、認定医の4種類がある。

また、エステティックサロンで行われている光脱毛においては、日本エステティック振興協議会が厳格な基準を設けることで安全性の確保に努めているそうです。

実際に日本エステティック振興協議会では、光脱毛施術の安全性を確かなものにするために、「エステティシャン教育養成制度」を設けています。

「エステティシャン教育養成制度」は基礎的な知識が学べる「美容ライト脱毛安全講習会」と専門的な知識が学べる「認定美容ライト脱毛技術者講習会」の2種類あり、どちらも光脱毛の施術を行うエステティシャン向けに開講している講習会です。

この講習会を受講した後、試験に合格するとJEPA「認定美容ライト脱毛エステティシャン」という資格が取得できます。

おわりに

いかがでしたか?脱毛サロンで医師免許を持っていないスタッフが施術できているのは、厳密には脱毛ではなく抑毛や減毛行為をしているからです。

医師ではない人の施術を受けることに不安を覚える方も多いかもしれませんが、脱毛サロンで行われている光脱毛は医療脱毛よりも威力が弱く、肌トラブルなどの不調が起こるリスクも少ないのであまり心配はいらないと思います。

また、最近はドクターサポートとして医療機関と連携し万が一の事態に備えている脱毛サロンも多いので、不安な方はそういったサポートがあるサロンを選ぶことをおすすめします。

人気の脱毛サロンランキングはこちら>>

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP