仕組みと特徴をご紹介!主な三つの脱毛方法について

DS-00003_1

皆さんは脱毛サロンやクリニックで行える脱毛には、様々な種類の方法があることをご存知でしょうか?それぞれに期待できる効果や特徴、効果の期待できる部位があります。

ここでは一般的な脱毛方法をまとめていますので、ご自身の望む脱毛部位や施術の特徴などによって、脱毛方法の種類を選ぶ参考にして下さい。

フラッシュ脱毛(光脱毛)

現在主流となっているのが、フラッシュ脱毛という方法です。複数の波長を組み合わせた光を、繰り返しお肌に照射することによって毛の細胞を破壊して処理します。

この脱毛法は、施術部位に光を当てるだけなので、難しい技術は必要ありません。ですから比較的、低価格での施術が可能です。

一度に光を照射できる範囲も広く、誰が施術してもムラが無いので、背中や腕、足などの脱毛に適しています。弱い出力での施術になりますので、お肌への負担が少なく、副作用や痛みもほとんど無いのが特徴です。

しかし、フラッシュ脱毛の特殊な光は、黒い組織(メラニン)に反応する為、色素の薄い毛(白髪や産毛)、軟毛には効果が薄いとされています。

また、機械自体の出力が弱いので、一度の施術で得られる効果は少なく、脱毛完了まで定期的にサロンに通っていただく必要があります。

ニードル脱毛(針脱毛)

これまで脱毛方法で一番古くから使われ、主流だったのがニードル脱毛と呼ばれる方法で、電気脱毛とも呼ばれています。

この脱毛法は毛穴の一つ一つにニードル(針)を差し込み、微弱な電気を流すことで毛根にダメージを与え、周囲の組織を破壊するので確実に処理ができ、脱毛した毛根からは新たに毛が生えてくることは、ほとんど無いとされています。とにかく脱毛効果が高く、長続きする脱毛という名前にふさわしい脱毛方法だということが最大の魅力です。

ニードル脱毛は毛の一本一本を丁寧に脱毛していくので、一般的に長期間脱毛効果が望まれるワキや顔のパーツ、男性のヒゲなどの部位、コンパクトな範囲に適していると言えます。

しかしながら、小さな範囲を脱毛するだけでもかなりの時間がかかってしまうだけではなく、熟練された技術と、それを継承する人材も必要不可欠なため、結果的に値段も比例して高くなってしまいます。

また、痛みの感じ方には個人差がありますが、脱毛方法の中で痛みが一番大きいとされているのも事実です。痛みに耐えられず途中で断念してしまう方も少なくないようです。

医療レーザー脱毛

長期間脱毛効果が期待できる脱毛法として、一般的なのが医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛は医療行為に該当するため、医療クリニックでしか施術を受けることはできません。脱毛サロンでは扱えない医療脱毛機は美容脱毛機と違い、全身どの部位でも高い効果が期待できますので、全身脱毛や、ハイジニーナ(VIO)のように部位をまとめて脱毛したい方にオススメです。

この施術は、ニードル脱毛と同様に、熱によるダメージで毛の細胞を処理し、新しい毛が生えるのを抑制する方法です。熱処理による副作用やヤケドのリスクも高いとされていますが、医療機関での施術になりますので、万が一の場合も専門医師による的確な治療とサポートが受けられます。

また、医療クリニックでは麻酔薬を取り扱っていることが多いので、痛みに弱い方でも安心して脱毛できます。

ちなみに、レーザー脱毛は医療クリニックでの施術になりますが、美容医療に当たりますので保険適用外です。そのため、施術にかかる費用も高額になる場合がありますので、注意が必要です。

おわりに

お疲れ様でした。以上が脱毛サロン、医療クリニックで主に行われる脱毛方法です。

気になる部位や脱毛の悩みは人それぞれですが、料金面や安全面において、一番自分の要望にあった脱毛方法を見つけて下さい。

脱毛サロン・クリニックの口コミ人気ランキングはこちら

 

TOP