医療脱毛と光脱毛、脱毛効果の違いについて

医療脱毛と光脱毛、脱毛効果の違いについて

医療脱毛と脱毛サロンは、脱毛の効果が違うということは事実です。仮に同じ脱毛器を使用して施術を行っていても、脱毛の効果に違いがでてしまいます。

どうせ高い施術料金を支払って通うのであれば、十分に脱毛の効果を実感したいと思うところですが、実際に医療脱毛と脱毛サロンの効果の違いを気にして、どちらに通うか迷っている方も多いかもしれません。

ここでは医療脱毛と脱毛サロンの効果の違いについて詳しく説明します。

医療脱毛と脱毛サロン、脱毛効果が高いのはどっち?

医療脱毛と脱毛サロン、脱毛効果が高いのはどっち?

結論からいうと脱毛サロンよりも医療脱毛の方が脱毛の効果は高いと言われています。その理由は脱毛サロンの場合、脱毛レーザーの照射力が低く設定されているからです。

しかし医療脱毛は医師が施術を行っているため、脱毛レーザーの照射力を高く設定して施術を行うことができるのです。脱毛器が同じでも照射力が高い分、毛根に与えるダメージも大きく、高い効果を得ることができます。

非常にシンプルな考え方ですが、脱毛サロンよりも医療脱毛の方が、脱毛の効果が高いと断言できます。

脱毛サロンは3年、医療脱毛は1年6カ月

自己処理を行う必要がなくなるまで脱毛する場合、脱毛サロンには3年、医療脱毛には1年6カ月ほど通う必要があります。

これは先ほど説明した脱毛の効果が大きく関係しており、脱毛サロンよりも医療脱毛のほうが、1回の施術で得られる脱毛効果が高いため、通う期間も短くて済みます。

もちろん毛質や肌質によって、脱毛の効果は左右されるため、通う期間は人によって違いがありますが、脱毛サロンよりも医療脱毛のほうが通う期間が短いということは誰にでも共通することだといえます。

医療脱毛と脱毛サロンは施術回数も違う!

医療脱毛と脱毛サロンは施術回数も違う!

通う期間が違うということは、当然ながら施術を受ける回数も変わってきます。脱毛サロンでは、約18回通えば脱毛が完了するのに対し、医療機関はその半分の約9回で脱毛が完了するのです。

これも脱毛の効果が大きく関係しており、医療脱毛のほうが1回の施術で得られる脱毛の効果が高いため、脱毛サロンに比べて通う回数が少なくてすみます。

脱毛ってはじめは通う気まんまんでも、長くなるに連れて通うことが面倒くさくなってしまうという方が多くいます。またその日じゃなきゃダメという日に予約がとれないことで、より長引いてしまうのです。

特に仕事などで忙しい人はそういった傾向があると思います。そう考えると18回と9回の差は、とても大きいといえるでしょう。

共通するのは1回では効果が得られないということ

医療脱毛と脱毛サロンの共通点は、どちらも1回の施術では脱毛の効果を得ることができないということです。もちろん医療脱毛のほうが、1回の施術での脱毛効果が高いということは事実なのですが、1回施術を受けたからといって、ムダ毛が生えてこなくなるわけではありません。

脱毛サロンも医療脱毛も、何回か通うことでムダ毛が薄くなりはじめ、最終的には自己処理が必要なくなるまで、ムダ毛が目立たなくなるのです。1回の施術での脱毛効果が高い医療脱毛は、脱毛サロンに比べて施術を受ける回数や通う期間が少ないということだけです。

おわりに

医療脱毛は医師が施術を行うため、脱毛レーザーの照射力を高く設定できます。照射力が高い分、脱毛の効果も高いため、脱毛サロンよりも医療脱毛のほうが脱毛の効果を得ることができ、施術回数や期間も脱毛サロンより少なく済ませることができます。

医療脱毛は脱毛サロンに比べて、1回の施術で得られる脱毛効果が高いため、脱毛回数や期間が少ないというメリットがありますが、脱毛サロンより施術料金が高いという、デメリットがあることを理解しておきましょう。

人気の脱毛サロンランキングはこちら>>

TOP