Vライン・Iライン・Oラインとは?VIO脱毛の基礎知識!

VラインやIラインとは?VIO脱毛の基礎知識!

最近人気のVIO脱毛ですが、「Vラインってどこまで?」「Iラインって?」とどこを指しているのかイマイチわからないという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、Vライン、Iライン、Oラインのそれぞれの範囲や脱毛するメリット・デメリットをご紹介いたします。

Vラインとは?Vライン脱毛のメリット

Vラインとは?

Vラインとは、一般的に下着のサイドからはみ出た両足の付け根部分のことを言いますが、下着に隠れる部分すべての部分をVラインと呼ぶサロンもあります。

一言でVラインと言ってもその範囲はサロンごとに異なるので、自分が処理して欲しいところまでが範囲となっているか、事前に確認しておくことが必要です。

脱毛サロンでVラインを脱毛するメリットとそして脱毛サロンごとのVラインの範囲を見ていきましょう。

 

自己処理が楽になる

Vラインの毛が生えている範囲は人によって違いますが、中には広範囲に渡って生えている方もいると思います。そうなると、下着からはみ出る部分だけでも自己処理が大変ですよね。

特にVラインはしっかりとした毛質の方が多いと思うので、少し生えているだけでも目立ってしまいます・・・。

脱毛をすれば自己処理がいらなくなるので、急なお泊りも怖くなくなります!

 

きれいな形にしてもらえる

自分でVラインの形を整えていると、いざ確認した時に「あれ?これ変じゃない?」「なんか形がいびつ・・・」と失敗した経験のある方も少なくないはず。

脱毛サロンであれば、確実にいらない部分は自分で処理する必要がありますが、形を残しておく場合スタッフの方が簡単に整えてくれるので、綺麗な形を作ることができます。

脱毛サロンごとのVライン範囲

脱毛サロンごとのVライン範囲

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムでは、下着からはみ出る部分の毛をVラインと呼びます。

Vライン脱毛のカウンセリングに訪れた際、もしくは契約後にミュゼオリジナルのVラインプレートをプレゼントしてもらえます。

そのプレートを使えばどこまでがVラインゾーンなのかが一目瞭然。どこまで自己処理をすればいいのかもすぐにわかるので便利ですね。

さらに、ミュゼの場合はプレートから外は太ももの範囲まで施術してもらえるので、ムダ毛が生えている範囲が広い方でも安心です。

また、Vラインのみならず、トライアングル上、トライアングル下、Iラインなど、曖昧になりがちな範囲も簡単にわかるようになっています。

ミュゼプラチナムの口コミ・詳細はこちら

 

エステティックTBC

TBCでは、一般的にVラインと呼ばれている部位を「ビキニライン」と呼んでいます。

TBCのVラインの範囲は細かく設定されていて

  1. ・ビキニラインS
  2. ・ビキニラインL
  3. ・ビキニライン(上)

に分かれています。

ビキニラインS、Lは両サイドのことで、狭い範囲で大丈夫な人はS、処理したい範囲が広い人はLを選ぶと良いでしょう。

ビキニライン(上)は下着より上の範囲です。股上の浅い下着を履いた時に見えてしまう可能性がある部位として、水着を着るときに気になる方に選ばれているようです。

ちなみに、TBCプロデュースのもと誕生した脱毛サロンのエピレも、同じVラインの範囲を設定していますので、参考にしてみてください。

エステティックTBCの口コミ・詳細はこちら

 

プリート

ハイジニーナ脱毛専門店であるプリートは、Vラインの範囲はボクサーパンツの範囲内を全面的に脱毛してもらえます。

これは業界随一の広範囲で、骨盤周りから太ももの付け根周辺まで広範囲に生えている方でも追加料金なく安心して通うことできます。

プリートの口コミ・詳細はこちら

 

ジェイエステティック

ジェイエステティックは、ショーツからはみ出る部分をVラインとして設定しています。

Vライン単体で施術できるのはもちろんですが、トライアングルゾーンもキレイに整えたいという方は、2つの部位を単体で組み合わせるよりも「デリケート5プラン」にすることで同じ回数でもお得になるのでおすすめです。

ジェイエステティックの口コミ・詳細はこちら

Iラインとは?Iライン脱毛のメリット

Iライン脱毛とは?

Iラインとは、女性器の周りのことです。水着や下着を着た時に見えやすい部位なので、最近では完全に無毛に脱毛する女性が増えています。

 

水着の時も気にならない

前述した通り、Iラインのムダ毛がなくなれば水着を着ている時も無敵。周りの目を気にせず、思い切り楽しむことができます。

急な予定の時も慌てて処理をしなければいけない、なんてことも無くなるので、自己処理のわずらわしさからも解放されます。

 

衛生的

Iラインを脱毛することで、生理の時のムレやかゆみがかなり軽減されるようです。

生理中に経血がムダ毛に付いたりして、不快に思ったことのある方も多いかと思いますが、Iラインを整えれば、そういった不快感からも開放されます。

ニオイも気にならなくなりますので、衛生面でも大きなメリットがあります。

施術を重ねるたびに毛が薄くなっていき生えるスピードも遅くなるので、放っておいてもずっと清潔な状態を保つことができます。

Oラインとは?Oライン脱毛のメリット

Oラインとは?

Oラインとは、肛門周りの部位のことを指します。

自分では処理が難しい部位ですし、どのくらいムダ毛が生えているのかもわからないので、プロにお任せするのが一番です。他にも、Oライン脱毛のメリットを見ていきましょう。

 

キレイに処理してもらえる

あまり見る機会もないので、「処理が必要なくらい生えてるものなの?」と思うかもしれませんが、人によってはびっしり生えていることもあります。

ただ、腕や足と違って自分の目で見ながら処理をすることは難しいので、自己処理だと怪我をする可能性があり危険です。基本的にOラインは脱毛サロンのスタッフがシェービングをしてくれる部位に含まれていることがほとんどなので、プロにおまかせしてキレイにしてもらいましょう。

VラインやIラインほど進んで脱毛したい気持ちにはならないかもしれませんが、VIOはセットでの脱毛がおすすめです。

 

清潔な状態をキープできる

Oラインのムダ毛は排泄物などが付着しやすいので、あまり衛生的とは言えません。

ムダ毛がない状態なら清潔な状態を保てますし、かぶれなども防ぐことができます。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のデメリット
メリットがたくさんあるVIO脱毛ですが、一方でデメリットな部分もあります。

 

脱毛した部分は元に戻せない

脱毛の回数を重ねた部分は、徐々に毛質が細くなり最終的にはほとんど生えてこなくなります。IOラインは後悔するようなことは少ないかもしれませんが、問題はVライン。

先のことを考えずにオーソドックスではないデザインにしてしまったり、深く考えずにハイジニーナにしてしまったりすると、数年後・数十年後に後悔してしまうかもしれません。

その時の感情だけで決めずに、本当に後悔しないかよく考えるようにしましょう。

 

毛が無いことで逆にかぶれる可能性も

生理時の不快感が無くなるというメリットがある反面、毛が無いことでナプキンが直接肌に当たり、かぶれてしまったという方もいらっしゃるようです。

敏感肌の方でこういったトラブルが気になる方は、全て脱毛してしまうのではなく、自然な毛量程度までの脱毛でとどめておくことをおすすめします。

 

施術の痛みを感じやすい

Iラインは粘膜部分に近い、デリケートな部分の脱毛ですので、他の部位よりも痛みを強く感じるかもしれません。

回数を重ねるうちに痛みは少なくなりますが、「とにかく痛いのが嫌!」という方は、あらかじめパッチテストを行って痛みの具合を確認しておきましょう。途中で解約できるところで契約するとより安心ですね。

おわりに

Vライン、Iライン、Oラインってどこを指してるの?という方に、VIOそれぞれの範囲やメリットをご紹介いたしました。

デメリットもありますが、総合的に見てメリットのほうが確実に大きいです。最近ではエチケットとしてVIO脱毛は広まってきていますので、かなり人気の部位となっています。

興味のある方は、下記のVIO脱毛で人気の脱毛サロンをぜひチェックしてみてくださいね。

VIO脱毛のおすすめ人気ランキングはこちら

 

TOP